東京オリンピック2020チケット【開会式】の抽選の当選倍率がやばいwww穴場の日程を徹底予想!




 

2019年5月9日(木)から東京オリンピック2020のチケット抽選がスタートしています!

5月9日(木)から5月12日(日)までの四日間で、636万以上のアクセスがチケット販売サイトに来たようです!

いやー盛り上がって参りました!!!

この数字は当選倍率を予想するうえでも参考にしていきますので再度ご案内させていただきます!

 

今回は東京オリンピック2020の中でも、ある意味目玉といってもいい【開会式】の当選倍率について書いていきたいと思います!

オリンピックに出場するほとんどの選手を生で拝見することができる為、オリンピックでも大注目の、そして抽選では大混戦のものになること間違いないでしょう!

それでは早速参りましょう!『東京オリンピック2020チケット【開会式】の抽選の当選倍率がやばいwww穴場の日程を徹底予想!』

 

東京オリンピック2020チケット【開会式】の日程や会場

オリンピックスタジアム

出典元:https://tokyo2020.org/jp/

 

東京オリンピック2020の【開会式】の会場は、『オリンピックスタジアム』で行われます!

名前もいかにもな感じですねー!

ここは東京1964大会のオリンピックスタジアムであった国立競技場をリニューアルしたものです!

68.000人もの収容スペースが設けられているそうですよ!

アクセスや所在地は「tokyo2020公式ホームページ」記載のものから抜粋いたします。

アクセス

通常時のアクセス情報
JR総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」下車徒歩約5分
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩約1分
東京メトロ銀座線「外苑前」下車徒歩約15分
都営バス 早81「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
都営バス 黒77「目黒駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
ハチ公バス 神宮の杜ルート「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅(東京体育館)」下車徒歩約1分
公共交通機関をご利用ください。大会時のアクセス情報
JR総武線「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」下車徒歩
東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」下車徒歩
東京メトロ副都心線「北参道駅」下車徒歩
東京メトロ銀座線「外苑前駅」下車徒歩
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩
公共交通機関をご利用ください。
駅から会場までの所要時間は現在検討しています。
駅は追加・変更の可能性があります。
アクセシブルルートは「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」「青山一丁目駅」「外苑前駅」「国立競技場駅」の利用を想定しています。注意事項

    • 大会時には公共交通機関が混雑し、乗換案内の検索結果以上の所要時間を要することが見込まれます。また、駅から会場までの移動にも時間を要することが見込まれますので、余裕をもったスケジュールが必要になります。
    • 大会時は、通常の交通ルートとは違うルートの使用をお願いする可能性があります。

所在地

東京都新宿区霞ヶ丘町10番2号
引用元:https://tokyo2020.org/jp/より抜粋

 

 

日程ですが、

2020年7月24日(金)20:00~23:00となっています!

パレードも繰り広げられる関係で、日が完全に沈んでからのスタートですね!

かなりの混雑が予想されますので、子連れのご家族はお子様から目を離さないよう気を付けましょう!

 

開会式は閉会式と同様、一番選手らに近いであろうA席300.000円という、東京オリンピック2020チケットでは最高価格となっています!

かなりの高額ですが、一生の記念になることは間違いないでしょう。

 

東京オリンピック2020チケット【開会式】の抽選の当選倍率

 

ここで、冒頭でご紹介しましたデータを参考にしたいと思います!

値段などの関係もありますが、ほとんどの方が開会式は見てみたい!と思うのではないのでしょうか?

ですので、2019年5月9日(木)~5月28日(火)の20日間アクセスしたすべての方が開会式のチケット抽選に参加した

ということで当選倍率を予想していきたいと思います!

 

 

冒頭でもご紹介した通り、5月9日~12日までの4日間で、636万以上のアクセスがあったと「tokyo2020公式ホームぺージ」が情報を出しています。

平均しますと、1日に

636万アクセス÷4日間=159万アクセス

となります。

ですので抽選開始~抽選終了までのアクセス数は

159万アクセス×20日間=3.180万アクセス

来ることになります!

日本人口の約4分の1です(笑)

 

【開会式】の会場である「オリンピックスタジアム」の収容人数は68.000人なので、

当選倍率は

3.180万÷68.000≒467.6倍(小数点以下四捨五入)です!!

確率にしますと、0.2%です!

やばいっす本当に(笑)

・・・さあ皆さん!!今まで貯めに貯めた運を使う時がようやくやって参りました!!(笑)

といっても、少しでも当選する確率を上げるために、少し考えました!!

 

東京オリンピック2020チケット【開会式】の抽選の穴場

 

種目にもよりけりですが、開会式含む各会場のチケットは、

A席>B席>C席>D席>E席

と席のグレードに合わせて販売されています。

A席の方が選手に近かったりと一般的に良い席ですが、値段も高価になります。

今回の開会式でいえば、価格は

・A席:300.000円(車いす・同伴者:45.000円)

・B席:242.000円(車いす・同伴者:45.000円)

・C席:107.000円(車いす・同伴者:12.000円)

・D席:45.000円(車いす・同伴者:12.000円)

・E席:12.000円(車いす・同伴者:12.000円)

・東京2020みんなで応援チケット:2.020円(車いす・同伴者:2.020円)

※東京2020みんなで応援チケットはE席になります。

 

となります。

これを見て皆さんどうでしょう?

確かに選手を近くで見たい!!という思いは必ずあると思いますので、近いにこしたことはないと思います。

なので、高価であってもA席はやはり値段の価値はあると思います。

 

ですが、B席ってどうですか?

A席よりも選手より遠いですが、それより価格がめっちゃお得になるわけでもないです。

なのでB席は案外、

A席に当選しなかった人のカスケード当選が結構多いのでは?

というのがわたしの見解です。

 

逆に一番当選が困難になりそうなのがE席です。

東京2020みんなで応援チケットの席でもありますので、本当に混戦するでしょう。

 

家族でなく、友人やカップルで観戦したいという方は

C席やD席を狙っていくと思います。

よってC・D席も混戦が予想されます。

 

A席は高価という以外は大きなデメリットは見当たらないので、この席も混戦するはずです。

すると値段も選手との距離も半端なB席は意外と穴場となる可能性があります!

 

といっても決して安い席でもないですし、ここまで来たらA席で見たい!!

となるかもしれないので、

A席をカスケードをONにして購入

が一番当選する可能性が高いと思います。

カスケードとは、申込時に希望した席種の抽選結果が「落選」となっても、一つ下の席種のチケットが販売定数に達していない場合に、一つ下の席種のチケットについても抽選対象とすることができるサービスです。カスケードの設定を希望する場合は「オン」に設定を切替えてください。        ※「最下位席種」および「東京2020みんなで応援チケット」、「車いすユーザーチケット」を選択している場合はカスケード設定ができません。

引用元;https://tokyo2020.org/jp/より抜粋

参考になれば幸いです!

 

まとめ

 

以上、『東京オリンピック2020チケット【開会式】の抽選の当選倍率がやばいwww穴場の日程を徹底予想!』

ということで書かせていただきました!

もう二度とないかもしれない、東京でもオリンピック開催!!

わたしも是非いきたいので、E席に申し込みを考えてます!

応援チケットは条件が合う方がわたしの回りにいないので(笑)

 

それでは今回は以上になります!最後までお読みいただきありがとうございましたー!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

すむすむ

閲覧いただき真にありがとうございます! 「THE Information」が運営者、すむすむと申します! 普段は某飲食店の店長をしており、せかせか働いております。 職業柄、お客様と様々なおしゃべりをすることが多いので、世の中の様々な情報を日常的に収集することが癖になってます! 1年通しての恒例行事やドラマ、音楽、アニメまで様々な情報を当サイトに訪れていただいた方に提供できればと思います。 今、一生懸命に言葉を選んで自己紹介しておりますが、普段は軽い男です。記事にもその一面が多々表れてしまうと思いますが、まあ軽い気持ちで閲覧ください! それではよろしくどうぞ!