劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」のネタバレ・感想!グッズ情報も!




2019年2月9日(土)から全国で上映開始されました、『劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」』

わたしもこの作品のTVシリーズからのファンでしたので、一人で劇場まで見に行ってきました!

その感想と、内容をネタバレ全開でお伝えしようと思いますので、ネタバレ勘弁…という方は心苦しいですがお読みいただくのはやめておいてください(-_-)

それでは早速参りましょう!『劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」のネタバレ・感想!グッズ情報も!』

※ここからネタバレ注意です。

 

 

劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」のネタバレ・感想!

 

えー、いきなり結論から申し上げますと、今回の『劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」』は

「面白かった」か「面白くなかった」か、

というところから入りたいと思います。

 

めっちゃおもろいです!※あくまで私個人の感想です。

見た後にノリノリでパンフレット買っちゃうくらいおもろいです(笑)

豪華版のパンフレットは売れ切れており、通常版を購入いたしました。

一部声優さんのコメントや、今作のOP主題歌『この場所で』の歌詞や、その歌を歌っている『家入レオ』さんのコメント、

袋とじでネタバレ集もあり、通常版のパンフレットでも38ページと、けっこう充実してました。

えー、話がずれていってしまってますので、この辺のご紹介はグッズをご紹介させていただく時に触れていきます。

 

話を戻しますと、僕個人としてはすごく楽しめる作品でした。

TVシリーズ、劇場版三作としっかり見た私の感想ですので、コードギアスファンの方々は間違いなく楽しめる作品だと思います。

その反面、新規でこの作品を見る方は必ず一度、劇場版三作のコードギアスは見ておいたほうが楽しめると思います。

谷口監督や脚本家の大河内さんは新規の方も意識してくれたようですが、このコードギアスという莫大な設定のある世界観を今回の「復活のルルーシュ」だけで理解するのはなかなか難しいです。

かといってコチラの記事でも書かせていただきましたが、TVシリーズだと時間もかかりますし、少しずつですがTVシリーズと劇場版三作だと内容が変わってきています。

「復活のルルーシュ」ですと、ふつうに「シャーリィ」は出てきますので、TVシリーズだけの人はここが一番「?」のポイントになってしまうと思いますので。

 

さて、ここからは5部構成くらいにして、ネタバレ全開で内容を紹介しつつ感想を述べていこうと思います。

 

ナナリーとゼロ(スザク)が拉致される…!

出典元:http://www.geass.jp/R-geass/comment.php

今作品は「ゼロレクイエム」から1年が経過した頃から物語が始まります。

「ゼロレクイエム」から1年間、それまで戦争の絶えなかった世界では考えられないほどの平和な時間が流れており、「奇蹟の明日」と呼ばれるほどだったという設定です。

ところが、WHAの活動(ナナリーは世界人道支援機関名誉顧問となっており、ゼロ(スザク)はその付き添い)の最中、突如謎のナイトメアフレームたちに襲われ、拉致されてしまいます。

その拉致したのが今作新キャラ、「シャリオ」です。

シャリオは足が不自由ですがナイトメア操縦能力はかなり高いです。そして軽いシスコンです(笑)

姉には重要な新キャラ「シャムナ」がおり、かなりのブラコンです(笑)

今回はルルーシュとナナリーの男女逆転バージョンが大きな敵となっていますね。

てか、今作でほとんど始めて目を開けっ放しのナナリーが動いたりしゃべったりしているわけですが、

めっちゃかわいいですよ!!

まあ中盤はほとんと捕まっているだけなんで、また目閉じてるんですが(笑)

終盤なんかはドアップでお目目パチクリンのナナリーが見られるシーンがありますので本当可愛いので注意してください!(?)

 

そんな感じで世界では再び争いが起きているわけですが、その頃C.C.はある人物といっしょに、

ある目的を果たすために世界各国を旅して歩いていました。

そのある人物・目的とは?

 

早くもルルーシュ登場!しかし・・・

上映スタートして早数十分くらいでしょうか、早くもルルーシュくんが登場します(笑)

けっこう焦らされ焦らされ登場すると思ってましたので、逆に意表をつかれました。

ですが登場したルルーシュくんは目は虚ろで、感情が子供以下の状態でした。

顔や体はルルーシュくんですが、心はありませんでした。というのも・・・

 

ゼロレクイエムの後、C.C.はシャーリィと協力し、肉体だけはルルーシュの復活ができたのですが、心はCの世界に置き去りになっており、その結果のルルーシュくんがこれです、といった感じです。

まだ見てない方は想像しづらいと思いますが、C.C.も感情をCの世界に置いていたことがありましたよね?

ルルーシュの場合はあれよりもっとひどい物でしたが(日本語すら話せてませんでしたから)、あの頃のC.C.の感じのもっとひどい版を想像してもらえばおっけーです(笑)

 

この辺の設定、わたしは今でこそパンフレットを見返して理解が追いついてますが、上映の時間だけでは正直追いつけてなかったですね。

しっかり設定を頭にいれた状態でもう一回みたいですね。

 

で、C.C.と友に旅をする、ある人物=ルルーシュくんで、

ある目的=ルルーシュくんの心を取り戻す為、Cの世界へ行く方法を求めていました。

いやいやそんなことしてなくても、C.C.姉さんCの世界の人と会話してたやん、行き来してたやん、と思うでしょうが、

それはルルーシュvsシャルルでCの世界でドンパチやってしまった為、C.C.は門なしではCの世界ヘはいけなくなってしまったそうなんです。

そんな感じで旅してて、宿泊してたら敵襲が。

敵襲はC.C.達がターゲットではなく、ナナリー、スザクを救出するため隠密行動していたカレン、ロイド、咲世子がターゲットでした。

そんなターゲットなカレンとばったり遭遇したC.C.。

敵襲は新キャラのクジャパットという人物で、敵味方の区別がつかなくさせるというギアスの持ち主でした。

(新キャラの顔はこちらの記事にある程度記載してますので参考にしてください)

C.C.が1,2回撃たれるくらい軽く手こずってましたが、なんとかなりまして、C.C.も隠密に行動することになるのですが、

「連れがいるんだ。」

とルルーシュをカレン達に紹介。

いろいろ誤解を解きつつ、C.C.一同はルルーシュの心を取り戻せる最後の希望である、ジルクスタンにあるアラムの門に向かいます。

ここまであまりロボット大戦がなく、戦闘はカレンやC.C.、咲世子の体術や銃撃ばかりで新鮮で楽しいですね。

隠密行動もなんでこんな謎の組み合わせの3人やねんと思いましたが、これも新鮮でファンとしては楽しいですし、

ちゃんと役割的にもばっちりな3人でしたね。

本当、今作は見終わった後に気付かされることが多いです。

 

いよいよルルーシュ完全復活!いざナナリー奪還作戦へ!!

出典元:http://www.geass.jp/R-geass/comment.php

ジルクスタンの目的の場所へと到着し、C.C.とルルーシュはCの世界へ行くことができました。

しかし、Cの世界へついて、ルルーシュの意識を見つけてハイ、復活!とはいかず、

かつてルルーシュがシャルルを倒す際にバラバラにした集合無意識が行く手を阻み、一筋縄ではいきません。

集合無意識に取り込まれそうなルルーシュに、C.C.ははぐれてしまい先に現実世界へと戻ってしまいます。

しかもカレンも咲世子もロイドも捕まっているという大ピンチに(笑)

C.C.ももはや恒例になってきましたが、何発も体を撃ち抜かれ、死にはしないものの身動きが取れない状態に、

この絶体絶命な時に、ついに復活します。

 

ルルーシュ完全復活です!

ピンチの場面をギアスの力で難なく突破し、

事前の探索でスザクが拘束されている場所をロイドが発見しており、スザクも無事救出します。

 

救出されたスザクは意識を失っており、目を覚ますとルルーシュがふつうにいることに気づきます(笑)

スザクはまたルルーシュに欺かれたのかと勘違いし、ルルーシュを顔面中心にボコボコにします(笑)

ゼロレクイエムで、本当に死ぬつもりだったんです、ルルーシュは。

 

そこからC.C.が間に入り無事和解し、アラムの門に群がる敵を難なく攻略し、ナナリー救出を最速で

行うために、国境にある村を訪れ、実姉、コーネリアの舞台と合流し、協力を要請しに行きます。

なんかもう当たり前のように武器を向けられるルルーシュ。

ユーフェミアの一件はコーネリアも許しがたい出来事なのです。

 

しかし今回の協力要請はまたしても血縁のナナリーの奪還作戦におけるもの。

その目的が一致し、無事共闘することが決まりました。

翌日のナナリー奪還作戦に備え、夜はぐっすりねむ

らない!

酒ありのどんちゃん騒ぎで盛り上がります。

カレンとC.C.の乙女な話、スザクとルルーシュが仲良さげに話す懐かしい感じが詰まっており、劇場で頭を使いまくって鑑賞していた私もリラックスできました(笑)

 

迎える翌日、いざ決戦の日を迎えます。

 

ゼロ=ルルーシュの完璧な作戦!・・・のハズだった

出典元:http://www.geass.jp/R-geass/comment.php

コーネリアの部隊は敵の基地を続々と撃破することで敵軍の混乱を引き起こし、

カレンとスザクは紅蓮とランスロットの強化版でゲドバッカ(いわばザコ兵です)を迎え撃つ。

その間に、ロイドや咲世子らでナナリーの拘束位置を掴むべく捜索をする。

ナナリーの拘束場所さえわかればあとはルルーシュがナナリーを奪還する。

という完璧な作戦のハズでした。

現に、完璧だった歴史もありました。

 

ナナリーの拘束場所をしったルルーシュはナナリーのそばに待ち構えるシャムナを急襲。

降伏を促すが、逆に拘束されているナナリーを苦しめ挑発し、ルルーシュは逆上し、シャムナを撃ってしまいます。

その時に、シャムナのギアスが発動してしまいました。

 

何度も行われる作戦。その戦いの果てには・・・!

出典元:http://www.geass.jp/R-geass/comment.php

預言者と称えられてきたシャムナのギアスは、

命を落とすと、自分だけが6時間前に時を遡る

というまあまあチートくさいギアスでした。

これにより、シャムナだけは一度戦いを経験していますので、ルルーシュの作戦が筒抜けです。

作戦が完全に読まれ、戸惑いを隠せないルルーシュ。その一同。

 

ゲドバッカを迎え撃つ担当だったカレンとスザクも動きを読まれ、カレンはビトゥルと、スザクはシャリオと臨戦態勢に入り、通信手段も断たれてしまいます。

立て直そうにも通信手段がなく指示を出すことも不可能になってしまい、ほぼあきらめそうなルルーシュでしたが、

C.C.の励まし?怒り?に思考を復活し、現状を組み立てるべく考えまくります。

 

相手のトップ(シャムナ)がギアスユーザーである確率が高いと考えたルルーシュは、

いくつもの新たな作戦を考え、C.C.に指揮を与えます。

通信手段は玉城のアシストもあり、相手の通信をハッキングし、指示をする。

もちろん相手にも筒抜けな通信手段ですが、それも逆手に取り、ルルーシュは

「作戦をファイナルに移行する!」

と全員に告げます。

 

ジェレミアをオレンジと呼んだ時と同様、その言葉自身には何の意味もありませんが、敵の攻撃は少々緩みます。

ここからルルーシュは何度も何度もシャムナを窮地に追いやり、

何度も何度もギアスを発動させ、

シャムナのギアスが何なのかを絞っていき、二択まで絞ることに成功。

その二択もおそらくどういうギアスかは絞れているものの、発動条件がつかめていなかったのでしょう。

 

最後はルルーシュもシャムナ相手に、

「わたしはお前(シャムナ)と同じギアス能力者だ」

とハッタリをかまし、賭けに出ます。

 

無事賭けに勝つことのできたルルーシュは、シャムナをギアスで「眠らす」ことに成功。

ナナリーを奪還し、全軍に伝達し、臨戦中のスザクやカレン、コーネリア軍も無事勝利を納め、作戦は無事終了しました。

 

そのあとはナナリーがあの可愛すぎる表情でルルーシュに謝ったり、同居を持ちかけたり、

ルルーシュは生存、という形でハッピーエンドで締めくくりました。

 

感想

いやー!ハッピーエンドでよかったです!!!

ルルーシュ登場が早すぎてホント一瞬拍子抜けしてしまいましたが、

ルルーシュ復活のタイミングはさすがだなと。

 

そして今回の作品では、ジルクスタン側、つまり今回の敵ですね。

彼らも決して根っからの悪人というわけではないのです。

 

シャムナはシャリオを守るため。

フォーグナーは国を守るため。

それぞれ自分の信念をもって戦っていました。

ルルーシュの作り出した争いのない平和が一番ですが、

戦士の国と呼ばれるジルクスタンのような国では、争いがないと生きてこない。

コードギアスという作品を純粋に楽しめることができたと同時に、様々な人間関係、

さらには世界平和まで(ごめんなさいこれに関してはそこまで深くかんがえてませんが)、

いろんな見方ができる、個人的には当たりの映画でした。

 

劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」のグッズ情報!

 

劇場にはこんな感じでグッズが展示してありました!

画像は携帯が古く、どうも画質がよろしくないので、雰囲気だけでも味わってもらえれば幸いです。

では、ご紹介いたします!

 

コードギアス「復活のルルーシュ」公開記念グッズ

 

・マスキングテープ(全2種)約25mm×5m

「反逆のルルーシュ」「反逆のルルーシュR2」BD-BOXイラストが使用されてます。

¥700(税抜)

・スリムクリアボトル φ64×188mm(Mサイズ・500ml入り)

カレー沢薫先生描き下ろしのイラストが使用されています。

¥1.500(税抜)

・リードディフューザー-復活のルルーシュの香り-

【本体瓶】約H 120mm×W 40mm

【チャーム】直径25mm

黒を基調とした、コードギアスらしい、かっこいいデザインです。

¥3.500(税抜)

・カトラリー&プレートセット-cafe ZERO仕様-

【プレート】直径約190mm

【カトラリー(フォーク&スプーン)】約135mm

淡い紫と優しい黄色に縁どられたプレートと、デザートを食べるときに使用しやすいサイズのカトラリーセットです。

¥4.000(税抜)

・アクリルスマホスタンド W 約75mm×H 約170mm

「反逆のルルーシュR2」BD-BOXのイラストを使用されています。

¥1.600(税抜)

・デザインバッグチャーム

【メインパーツ】H 約150mm

【金属パーツ(新ゼロ仮面部分)】H 約47mm×W 約36mm

優しい色のゴールドチェーンに、ゼロをイメージされたいかにもなバックチャームです。

¥4.800(税抜)

・新ゼロ仮面アクリルピアス H 約60mm×W 40mm

新ゼロ仮面」の枠に、「GEASS」と文字があります。

¥1.600(税抜)

・クリアファイルフォルダ  H 約240mm×W 340mm×D 20mm

ゼロの服装をしたルルーシュがデザインです。

¥1.389(税抜)

・「コードギアス 反逆のルルーシュ」「コードギアス 反逆のルルーシュR2」クリアファイル 各 全2種

A4クリアファイルが3枚セットと4枚セットとあります。イラスト系のデザインです。

3枚セット:¥1.125(税抜)

4枚セット:¥1.500(税抜)

 

コードギアス「復活のルルーシュ」劇場オリジナルグッズ

 

・パンフレット(通常版)

全38ページとなっており、一部袋とじになっている場所がネタバレページです。

¥864(税込)

・パンフレット(豪華版)

全62ページと大ボリューム!(わたしの行った劇場では完売でした・・・)ネタバレが普通に含まれているそうです。

¥2.700(税込)

・クリアファイルセット

A4用が2枚組になってます。

¥756(税込)

・メタルチャームコレクション(6種)

購入した際は、6種のうちいずれかがランダムで1つ入っているようです。

¥702(税込)

・ストラップ

「CODE GEASS」もプレートとゼロの仮面のキーホルダーのついたストラップです。

¥864(税込)

・ブレスレット

一部金属、ほぼ革製のブレスレットです。金属部分には「CODE GEASS」の文字入りです。

¥1.296(税込)

・ボールペン

黒が基調のかっこいいデザインです。「CODE GEASS」の文字とゼロの仮面が刻んであります。

¥432(税込)

・ブックカバー

文庫本対応サイズになってます。茶色を基調に、「CODE GEASS」の文字入りです。

¥1.080(税込)

・パスケース

ウラは黒、オモテは紫が基調の、オモテには「CODE GEASS」の文字入りです。

¥1.296(税込)

・ポーチ

紫デザインのポーチです。「CODE GEASS」の文字入りです。

¥1.620(税込)

・スマホホルダー

あのリングのやつですね。色はゴールド系です。ゼロマークが入ってます。

¥1.080(税込)

・マフラー

黒いマフラーに「CODE GEASS」の文字とゼロの仮面が刺繍されてます。

¥3.024(税込)

・パーカー

黒色のパーカーです。胸部分に小さくゼロマーク、背中に「CODE GEASS」の文字が入ってます。

M:着丈 約66cm、身幅 約55cm、肩幅 約48cm、袖丈 約60cm

L:着丈 約70cm、身幅 約58cm、肩幅 約52cm、袖丈 約61cm

XL:着丈 約75cm、身幅 約63cm、肩幅 約55cm、袖丈 約62cm

各サイズ ¥5.400(税込)

・ティーカップ&ソーサー

白がベースの紫が入ったおしゃれなカップとソーサーです。

¥2.160(税込)

 

こちらの商品たちは、

2019年2月23日(土)にオープンされるオンライン通販でも購入可能です。

詳しくはこちらでご確認ください。

 

まとめ

 

以上、『劇場版コードギアス「復活のルルーシュ」のネタバレ・感想!グッズ情報も!』

ということで書かせていただきました!

かなり、というかほぼ全部ネタバレしてしまいましたが、一度ある程度内容を把握してからでも楽しめる作品だと思います。

なぜなら私はもう一回見たいから(笑)

作品とは別に、家入レオさんの主題歌「この場所で」が個人的には非常にツボにヒットし、良い歌だと感じましたので、こちらもよろしければ聞いてみてください!

それでは今回は以上になります!最後までお読みいただきありがとうございましたー!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

すむすむ

閲覧いただき真にありがとうございます! 「THE Information」が運営者、すむすむと申します! 普段は某飲食店の店長をしており、せかせか働いております。 職業柄、お客様と様々なおしゃべりをすることが多いので、世の中の様々な情報を日常的に収集することが癖になってます! 1年通しての恒例行事やドラマ、音楽、アニメまで様々な情報を当サイトに訪れていただいた方に提供できればと思います。 今、一生懸命に言葉を選んで自己紹介しておりますが、普段は軽い男です。記事にもその一面が多々表れてしまうと思いますが、まあ軽い気持ちで閲覧ください! それではよろしくどうぞ!